避妊・去勢手術の大切さ|秦野市の動物病院なら、みかん動物病院|質の高い医療を

0463-84-4565

獣医師別診療日

  • 休診日:木曜日
  • 9:00~12:00 / 16:00~19:00

※診察券は午前8:30より午後の分も含めて受付いたします。救急の方はお電話にてご連絡ください。

最新NEWS

避妊・去勢手術の大切さ

夏の暑さもだいぶ和らいできたこの頃、
いかがお過ごしでしょうか。
わんちゃん、ねこちゃんには
過ごしやすい季節になってきましたね。

動物病院で獣医師に勧められることが多い避妊・去勢手術。
どうして避妊・去勢が大切なのかを
今月は解説いたします。

避妊去勢手術を行うことにより、
多くの病気を予防することが出来ます。
代表的なものをあげてみましょう。

★乳腺腫瘍
  乳腺腫瘍には女性ホルモンが強く関わっていると言われています。
  そのため、避妊することで乳腺腫瘍の発生率が下がります。
  特にわんちゃんでは初めての発情を
  迎えるかどうかで発生率が大きく変わります。
 
  初回発情を迎える前 → 発生率 1%未満
  一回目の発情後   → 発生率 10%
  二回目以降     → 発生率 25%

★子宮蓄膿症
  子宮に感染が起こり、膿がたまってしまう病気です。
  特にわんちゃん達は発情が来たあとに、ホルモンのバランスが変化し
  子宮内に細菌による感染が起こりやすい状態になります。
  重症になると細菌の毒素により腎不全、心不全になり命に関わる怖い病気です。

★前立腺肥大・会陰ヘルニア
  高齢の子に多い病気で、両方とも男性ホルモンにより引き起こされます。
  ホルモンの影響で前立腺が肥大し、疼痛や排尿・排便困難が認められたり
  お尻の筋肉が薄くなって、お腹の中の腸管や膀胱といった臓器が
  お尻の皮膚の下まで飛び出してしまう会陰ヘルニアが起こります。

これらの病気を防げるだけではなく
その他多くの子宮・卵巣疾患および精巣疾患の
予防。マーキングをはじめ、発情行動が改善したり
異性の子を追いかける、追いかけられるという
ストレスを軽減させることが可能です。

男の子は十分に成長してから、女の子は初めての発情が来る前の
手術をおすすめしております。
手術のタイミングについては獣医師にご相談ください。

こちらの病院での手術は予約制となっておりますので
ご希望の日程より1ヶ月以上前にご予約いただくと安心です。

愛犬・愛猫と幸せに暮らせる時間を増やすために、どうぞご検討ください。