獣医師|神奈川県秦野市の動物病院なら『みかん動物病院』

0463-84-4565

獣医師別診療日

  • 休診日:木曜日
  • 9:00~12:00 / 16:00~19:00

現在コロナ対策として『予約制』とさせていただいており、診察時間は18時までとなります。

スタッフ紹介

    阿部 晃大

    獣医師

    名前

    阿部 晃大

    出身地

    広島県

    出身校・資格

    日本大学卒

    趣味・特技

    野球観戦、空手

    好きな動物

    好きな食べ物

    ラーメン、焼肉

    ひと言ご挨拶

    皆様が笑顔になってくれるような獣医師を目指し、成長していきたいと思います。

    國本 紗和

    獣医師

    名前

    國本 紗和

    出身地

    神奈川県

    出身校・資格

    日本大学卒

    趣味・特技

    旅行

    好きな動物

    犬、猫、ハムスター

    好きな食べ物

    餃子、エスニック系、チョコレート

    ひと言ご挨拶

    皆さんに頼りにしてもらえる獣医師を目指して、日々努力していきたいと思います。

    代表取締役 福原 美千加

    獣医師

    名前

    福原 美千加

    出身校・資格

    麻布大学卒
    日本獣医循環器学会・獣医アトピー・アレルギー・免疫学会所属

    ひと言ご挨拶

    “動物医療を通じて、人々に喜びと感動を与えていきたい”
    地域の皆様と多くのスタッフに支えられ、開業20年を迎えます。 “愛と慈しみに満ちた医療”を私の基本理念として、これからも日々動物と向き合っていきます。

    大野 真智子

    獣医師

    名前

    大野 真智子

    出身地

    神奈川県

    出身校・資格

    北里大学
    CHI INSTITUTE認定 獣医鍼灸師
    CHI INSTITUTE認定 獣医漢方医

    趣味・特技

    ハンモック ヨガ ガーデニング 料理 一人旅

    好きな動物

    猫 馬

    好きな食べ物

    カレー ししゃも たらこのおにぎり

    ひと言ご挨拶

    専門は東洋医学です。
    自分が年齢と経験を重ねる上で、病気に対する考え方も変わってきました。
    大切な家族と最後まで楽しく過ごすために、お力になれればと思います。

    副院長 末舛 ななみ

    副院長/獣医師

    名前

    末舛 ななみ

    出身地

    神奈川県

    出身校・資格

    北里大学卒
    日本獣医皮膚科学会所属
    どうぶつの総合病院にて皮膚科研修中

    趣味・特技

    バドミントン・ベース・ドラム始めました!

    好きな動物

    ウサギ カピバラ

    好きな食べ物

    ラーメン

    ひと言ご挨拶

    皮膚科診療に力を入れて行こうと考えています。よろしくお願いします。

    副院長 花岡 亜樹

    副院長/獣医師

    名前

    花岡 亜樹

    出身地

    茨城県

    出身校・資格

    北里大学卒

    趣味・特技

    ゴルフ ウォーキング(街道歩き)

    好きな動物

    馬 猫 犬

    好きな食べ物

    スパゲティー みょうが ピーマン チョコレート(ビターNG)

    ひと言ご挨拶

    医学的に正しい治療と、その子とその家族の方にとっての良い治療は違うと思っています。
    生涯にわたり、その子やご家族にとって幸せな一生であってもらえるようにお手伝いできればと思っています。

    院長 森田 大樹

    獣医師/院長

    名前

    森田 大樹

    出身校・資格

    日本大学卒
    日本獣医麻酔外科学会所属
    AO VET Small Animal Principles Course 修了
    AO VET Small Animal Advances Course 修了
    AO VET Small Animal Master Course 修了
    Depuy Synthes Vet Spine Seminar 修了

    ひと言ご挨拶

    動物業界も日々進歩しています。そんな中、私たち獣医師は患者様に最新の情報と、治療プランのご提示をしていかなければいけない立場だと思っております。そのために勉強し、新しいことにチャレンジしていく気持ちは大事だと思います。皆さんの大切なペットが病気になった時、病気に対してどのように治療をしていくのか?ペットにとって、ご家族にとってどんな治療がいいのか?私は病気に対してベストな治療が全てだとは思いません。ペットの気持ちやご家族の気持ちに寄り添った治療を一緒に考え実行していくこと、それがより良い医療の提供につながるのではないかと思っております。