上腕骨遠位端骨折(Salter Harris IV型)|神奈川県秦野市の動物病院なら『みかん動物病院』

0463-84-4565

獣医師別診療日

  • 休診日:木曜日
  • 9:00~12:00 / 16:00~19:00

現在コロナ対策として『予約制』とさせていただいており、診察時間は18時までとなります。

症例紹介

上腕骨遠位端骨折(Salter Harris IV型)

上腕骨遠位端には骨が成長する場所(成長版)があります。

成長版は普通の骨に比べて脆く、衝撃が加わると折れやすいため、成犬の骨に比べて弱い衝撃でも折れてしまうことがあります。

成長版が折れたままになっているとそこの骨の成長が妨げられ、骨が短くなる、曲がってしまう、持続的な痛みなどの症状が出てくることがあります。

関節内の骨折では正確な解剖学的整復と直接的な骨治療が必要とされます。

 

肘関節に近い部分での関節内骨折(Salter Harris IV型)が見られます。

Kワイヤーとラグスクリューにて整復を行いました。