2022年通年予防キャンペーン|神奈川県秦野市の動物病院なら『みかん動物病院』

0463-84-4565

獣医師別診療日

  • 休診日:木曜日
  • 9:00~12:00 / 16:00~19:00

現在コロナ対策として『予約制』とさせていただいており、診察時間は18時までとなります。

最新NEWS

★2022年通年予防キャンペーン★

クリック→https://n-d-f.com/nomi_madani/index.html

 

お待たせいたしました!

2022年 ノミ・マダニ通年予防キャンペーン始まりました!3月末までにネクスガード1箱ご購入していただくと、4つの特典が得られます!とってもお得!この機会に是非お買い求めください。

このキャンペーンは、わんちゃん・ねこちゃんの社会的地位を向上させるために、昨年度から実施しています。ドッグラン、ペットと泊まれる宿、ペット同伴カフェやレストランが増え、ペットは以前に比べ随分と社会に受け入れられてきたかのように思いがちですが、実際はどうでしょうか。

例えば災害時には、ペットと同行避難が原則。しかし、避難所に行っても室内で飼い主さんと一緒に過ごすことが出来る所はほとんどありません。これでは同行避難の意味がない!ペットたちは人間以上に災害の恐怖に怯えているのに、避難先の知らない環境で飼い主と離れて過ごすなんて・・・・

なぜ、同伴避難所が増えないのか、考えてみました。非常事態では、人間の救済対策が優先されるのはやむを得ないとして、ペットたちを同伴させない理由の一つに衛生上の問題が上がってくるでしょう。そう、排泄物の悪臭、ノミやダニ・おなかの寄生虫の人への被害は大きな懸念材料です。

※ノミ・マダニやお腹の虫の人への被害について

こちら☞→https://n-d-f.com/nomi_madani/index.html

 

犬や猫から恐ろしい病気がうつってしまう、あるいは飼育マナーやお散歩マナーの悪さで迷惑をかけていたら、、、わんちゃん・ねこちゃんの社会的地位はアップしない!将来的にもっともっとペットたちが社会に受け入れられるためにも、ペットオーナーは普段から犬や猫が苦手な人・飼っていない人への配慮を忘れてはいけないのです。

私たちの町にも、大きな災害が起きるかもしれない。広域避難所の室内にペットと一緒に過ごせるスペースを設けたい。そのために、まずはわんちゃん・ねこちゃんたちを人に被害を与えない存在にしなければなりません。そしてそれは、飼い主さんしかできないことです。

 

春夏秋冬、一年を通して、伝染病、狂犬病、寄生虫、ノミ、ダニ、お腹の虫から、大切なペットを守りましょう。